CADオペレーターとして就職をするにはどうすれば良いの?

Posted on 2018年8月30日 by


CADオペレーターに求められるスキル

CADオペレーターは、理系分野の企業だけでなく、官公庁や一般企業などでも需要が高まっており、実務経験が長い人や特定の分野のスキルを持つ人であれば、好条件で勤務をすることが可能です。特に、製造業や建築業などでCADオペレーターとして採用してもらうためには、ある程度の情報処理やデザインに関するスキルが求められます。そこで、日ごろから資格取得に励んだり、勉強会に顔を出したりすることがおすすめです。また、各企業で主に扱っている事業の内容によって、重視されるスキルが異なるため、就職後に無理なく働き続けるうえで、就職活動を通じて興味のある企業の担当者とコンタクトを取りましょう。その他、企業によってはCADのソフトを使って業務を行っているところもあり、各業界で需要の高いソフトの使い方を調べておくことも肝心です。

CADオペレーターの求人の選び方

CADオペレーターの求人を選ぶにあたり、各企業で導入されているソフトの種類や、それぞれのオペレーターに期待されている能力について余裕を持って把握をする必要があります。中でも、ベテランのCADオペレーターが不足している現場においては、基本給やボーナス、手当などの条件の良い求人の募集が行われることがあります。そこで、業界内で一定の成果を上げた人であれば、自信をもって就職活動をすることがおすすめです。また、CADオペレーターの求人条件にこだわるにあたり、求人数の多い転職サイトに登録して、自分のスキルに合うところを探してみましょう。

CADオペレーターとは、建物や機械部品など様々なものの図面を、設計者の指示通りに作成・修正する仕事です。未経験者向けのアルバイトもあり、CADの操作経験がない人でも実績を積んでいくことができます。

CADオペレーターの派遣はココ
CADオペレーターの求人の記事