知っておきたい!警備員バイトに関する基礎知識

Posted on 2018年9月1日 by


警備員バイトの種類や仕事内容

警備員バイトは、車や人の誘導、そして施設の警備を行う仕事であり、特別な資格や経験が必要ないため、初心者でも始めやすい仕事として知られています。そして仕事の種類としては、交通誘導と雑踏警備、施設警備の3種類があると言えるでしょう。まず交通警備は、道路上や駐車場などが仕事を行う現場であり、道路工事などで警備が必要な際に車や人の誘導を行います。そして雑踏警備は、イベント会場等の人が大勢集まる場所で行われるものであり、転倒事故などを防ぐための誘導や警備を行う仕事だと言えるでしょう。さらに施設警備は、ショッピングセンターや娯楽施設、そしてビルなどの施設が仕事場であり、巡回を行いながら火災や犯罪などを防止したりトラブル対応をする仕事を行います。

勤務時間や給料について

警備員バイトの勤務時間は、仕事の種類によって異なります。まず交通誘導の場合は、道路工事等の時間に合わせて行われるという特徴があり、数時間~8時間程度の幅があると言えるでしょう。そして雑踏警備の場合はイベント等が開催される時間とその前後だけの勤務となるため、4~5時間程度の勤務時間になることが多いと言えます。さらに施設警備は、夜勤のシフトが組まれる場合があるという特徴があります。給料については、時給で1000円前後というのが相場であり、会社によっては日払いや週払いで貰える場合もあると言えるでしょう。また資格に関しては特に必要ありませんが、法律によって定められた研修が30時間行われます。そして研修中もバイト代は支払われるため、その点は安心してよいでしょう。

警備員のバイトは給料が日払いや週払いが多いです。なぜなら、警備員の仕事は過酷な場合があり、短期のバイトになっているからです。

警備員の求人の関連記事