必見!医師をやっていて職場に不満がある方に伝えたいこと

Posted on 2018年9月1日 by


転職を変えて働いてみよう!

現在、医師として医療現場で活躍している方もいるのではないでしょうか。しかし、職場に不満がある方も中にはいるかもしれません。その場合、転職して環境を変えるのも一つの手です。医師が転職する場合、いくつかのことを意識して求人探しをする必要があります。

転職活動をする際に押さえておくこととは?

まずは、求人探しに入る前に、自分が転職する理由をはっきりさせることがポイントです。今の職場で長く働いているからという理由だけで転職してしまうと、次の職場で仕事が続かない可能性があります。転職に踏み切るきっかけとなったことを明確にすることで、何を求めて転職活動を行えばいいのかがはっきりします。例えば、これから独立の予定があって転職を考えている方は、開業サポートに力を入れている職場を探すことです。他にも、厳しい労働状況で働きたくない方であれば、勤務時間が短い職場を探すのがよいでしょう。また、紹介会社を利用するのも、医師が求人探しをする際に押さえておくポイントです。紹介会社は人を紹介するのはもちろん、転職活動がスムーズに行えるようサポートを行っています。例えば、仕事内容や労働条件など、転職希望者の代わりに病院側と交渉してくれます。よって、自分が理想とする職場を見つけやすくなるでしょう。さらに、職場の辞め方や面接対策など、転職に関するアドバイスをしてくれます。 転職活動に自信のない方は、紹介会社を通して転職活動を行えば、安心感を持って求人探しができるでしょう。

医師を非常勤で行うと言う働き方も珍しくありません。必要とされる地域や病院で働く事が出来るので、やりがいもあります。