外資系企業転職に有利なスキルはどんなものがあるの?

Posted on 2019年5月28日 by


まず求められるのは語学力!

外資系企業では、最低限の英語力が求められることが少なくありません。またビジネスにおける会話だけではなく、趣味やスポーツ、読書や国際政治など、多岐にわたる分野での会話に対応できるように、英語能力を磨く必要があるかもしれません。もし、英語を使いこなせるようになればそれだけで、できることの幅が広がることもあります。そして英語だけでなく、話している人口の多い中国語なども使えることができれば、より一層、需要が高まるでしょう。

コミュニケーション能力も重要!

様々な知識を持っていたり、言語運用能力が高くても、他社との意思疎通が十分にできなければ本末転倒になってしまうでしょう。外資系企業は多国籍な職場であり、年齢層も幅が広く、年上部下や年下上司がいることもあります。物怖じせずにどんどん、そして積極的に他者と関わろうとする姿勢、タフネスが必須要素であることが非常に多いです!

自己主張のできる人材と内面性

外資系企業には自らの意見をどんどん発言できる人が求められます。また相手の意見に毅然と反論できることも重要です。意見を出し合う中で、相手を知り、信頼を獲得することはやはりどんな環境においても大切だと言えます。また「誠実さ」のような、スキルなどの外面的な能力ではなく、内面的な魅力も重要視されます。あらゆる環境の最中で、目標を失わず、信頼関係を築き、仲間と共に任務や業務を遂行するための、まっすぐな姿勢、いわゆる「イイヤツ」になる、つまり人間性を高めることが必須なのですね。

システム設計やプログラミングの高いスキルを要求される外資 IT企業で実務力を向上させる為には、業務内で身に付けるノウハウだけでなく、空き時間を有効活用して貪欲に足りない知識や技術を自ら補う努力が必要です。