会社に運転手を一人雇う時のポイントを紹介!

Posted on 2019年5月29日 by


正社員として人を一人雇う場合

大手の企業であれば、役員クラスの人のために運転手を雇っているケースがあります。大手であれば資金力も相当ありますので、運転手の一人や二人雇ったとしても、支出面でダメージを受けることがありません。しかし、そこまで大手の企業ではなくても、役員運転手をつけたいというところもあるでしょう。しかし、大手企業でなければ、できるだけ支出面を削減することが望まれますので、なかなか役員につける運転手を正社員として雇用するのはリスクを伴います。そして、人を一人雇うとなると、最初の段階から教育をしていかなくてはいけません。運転技術のことだけではなく、社員教育も当然必要になってきます。一人前の運転手になるためにはそれなりの時間が必要です。

派遣というスタイルを選ぶ

中小規模の企業が役員用に運転手を雇いたい場合、費用のことをそれほど気にせず雇うことができるのが派遣運転手となります。運転手を派遣してくれる専門の会社があります。この会社に仕事を依頼すれば、運転手を派遣してもらえます。しかも、専門の運転手ですから、ドライビングテクニックはもちろんのこと、社会人としてのマナー等も行き届いています。ですから、最初から即戦力として運転手業務に従事してもらえます。スポット契約も可能ですし、長期契約も可能になっていますので、その会社の方針内容によって契約内容を選択できます。これならば、すぐに運転手として滞りなく働いてもらえますし、正社員として雇うわけではないので費用面も抑えられます。

運転手の派遣には色々なメリットがあります。経費を抑えることができ、労務管理のための事務処理なども削減することでしょう。

公式サイト
役員運転手を読む