工場には電話面接がある!失敗しないために気をつけることとは

Posted on 2019年5月29日 by


工場によっては電話での面接が行われている

工場では、一度でたくさんの人を募集することがあります。そのような場合、応募者全員に来てもらい、一人当たり15~20分程度の時間を取って面接をすると、膨大な時間がかかります。特に、大手メーカーでは猫の手も借りたいほど忙しいことが多く、それを何とかするための募集でしょうから、面接をするヒマがないことは容易に想像がつきます。電話面接は企業にとっても都合がいいのです。

電話での面接は応募者にとっても利点があります。一つは、交通費がかからないことです。仕事をしていない場合、交通費を捻出するのも難しいことがありますよね。電話であればたった数百円でも節約することができます。そしてもう一つは時間を取られないということです。対面の面接ではきちんとした服装を用意し、身だしなみを整えて出向く必要がありますが、電話では姿を見られないため小汚いルームウェアでも大丈夫です。

電話での面接を成功させる秘訣とは?

電話で面接をするということは、声だけのやり取りになりますよね。声だけということは、モゾモゾ小さな声で話すよりも、ハキハキ聞き取りやすい声で話す方がいいのは言うまでもありません。ゆっくり、そして大きめの声で、話の要点を押さえてわかりやすく伝えることが基本となります。

電話面接でも、転職理由や自己アピールなどを聞くところがほとんどです。「お金が欲しいから」と正直に答えてしまうと、「目標額になったらやめそうだな…」と思われることがあります。電話だからと力を抜いてはいけません。れっきとした面接です。その業界や分野について調べておくことを怠らないようにしましょう。自己アピールについては、工場に関係のないことを長く話すと迷惑がかかるためほどほどに。

茨城県の工業団地は企業立地面積第一位です。そして県外企業立地件数も全国第一位です。職種の選択幅が広い茨城の工場の求人で挑戦したい業界を探す価値が大いにあります。